病院のご紹介

医療・保健・福祉の取り組み

医療の取り組み

<治験とは?>

治験とは「治療試験」を略した言葉で、新しいお薬の有効性(効果)や安全性(副作用)などを確認して、医薬品として販売するために行う、いわゆる「臨床試験」のことです。

治験は国(厚生労働省)が定めた法律と国際的なルールに従って行われ、そのデータを基に医薬品として適切であるかどうかを国(厚生労働省)が審査します。

現在、医療機関や薬局で使われている医薬品は、こうした治験によってその有効性や安全性が確認されたものです。

<治験に参加することとは?>

現在、皆様が何気なく使用されている薬は、ごく一部の例外を除き、治験によって先人達の善意によりさまざまな薬の効果や安全性などの情報が確認され、使用が許可されているのです。

治験は次代の人たちへの贈り物。
次の世代の健康と福祉を願う世代間の架け橋といえるのでしょう。

<治験を行なう上でのメリット>

 1. 新しい治療を受けるチャンスが得られる。
 2. 保険診療の概念を除外した診察・検査をうける事ができる。
 3. 診療に関る費用負担を軽減する措置を受けることができる。

<治験を行なう上でのデメリット>

1. 正確な来院や服薬が求められ、病気によっては日誌や記録をつける手間がかかる。
 2. 検査によって通常より時間が多くかかったり、採血回数が増えたりする。
 3. 未知の副作用が生じる可能性がある。

<治験の参加はいつでも自由意思>

治験に参加するかどうかは、あくまでも参加される方の自由意思です。
また、治験を途中で中止することも自由です。

  • 治験に参加する際には、メリットやデメリットを充分にご検討いただいた上でご判断下さい。
  • 治験参加の後で、新たな副作用がわかった場合には、直ちにその情報をお伝えします。
  • 治験に参加される方を「創薬ボランティア」と呼ぶ場合もあります。治験で重要なことの1つに、同じ病気を持つ後輩の方々に対して「情報の贈り物」という社会貢献をすることがあげられます。
  • 治験に参加する場合には、必ず文書により説明を受け同意の署名を行った上で行われます。
  • わからないことは医師や治験コーディネーターと呼ばれる治験を専門にする薬剤師や看護師があなたの疑問・質問にお答えします。十分に考えてから参加の是非を決めてください。
<治験にはお金がかかるのですか?>

治験の費用について、原則として次のような取決めがあります。

 1. 治験薬は無償で患者さんに提供されます。
 2. 治験に参加されている期間は、各種検査や一部の薬剤について製薬企業が負担します。
   ただし、一部被験者様自身が負担するものもあります。(初診料など)
 3. 患者様の負担を可能な限り軽減するために「被験者負担軽減費(一万円前後)」を
  来院ごとに被験者様に別途にお支払しています。

<治験相談室について>

治験に関するご相談、お問い合わせについては下記のご連絡先にご連絡ください。

■フリーダイアル /➿ 0120-114-608 
■受付時間 / 9:30~12:00、 13:30~16:00 (月曜~土曜) 
■専用アドレス / chiken@tactis.or.jp

保健の取り組み

特定健康診査(特定健診) PDF
国立市乳がん検診 PDF
立川市乳がん検診 PDF
立川市子宮がん検診 PDF
立川市教職員子宮がん検診 PDF
眼科検診(緑内障検診) PDF

福祉の取り組み

 準備中です。