健康経営方針

平成31年3月1日
医療法人財団 立川中央病院
理事長 木村 政人

【基本理念】

 当法人の理念に「幸せはあなたの健康から」とあります。私たちは、医療および介護を地域の皆様に提供する立場から、以下の行動指針を定め、職員一人ひとりの健康と安全衛生に関する意識向上に努めております。今後も、心身の健康づくりのみならず、明るく快適な職場づくりを整備していくことで職員がその能力を最大限に発揮し、地域の皆様に貢献できるよう健康経営を推進してまいります。

【行動指針】

  1. 疾病の早期発見と予防
    職員の健康診断を100%実施します。その結果にもとづき、再検査受診、生活習慣病の改善、重症化予防など、疾病の早期発見と予防への対応を推進します。
  2. 健康増進活動
    毎朝始業時の体操、スポーツイベント実施、ヘルスリテラシー向上の研修など、職員の健康増進を推進します。
  3. メンタルヘルスケアの充実
    ストレスチェックを実施し、健康相談会の実施、医師面談、職場環境の改善など、メンタルヘルスケアを推進します。
  4. ワークライフバランスの実現
    家庭と仕事の両立を目指し、ノー残業デーの設置、残業時間の削減、有給休暇の取得促進など、健康で豊かな生活のための時間の確保を目指すと共に、子育てや介護などの場面で多様な働き方を可能とする労働環境の整備を推進します。
  5. 感染症予防対策
    インフルエンザ・B型肝炎の予防接種の費用補助、アルコール消毒液の設置、面会制限、感染マニュアルの整備など、感染症予防を推進します。

以上